体内でエクオールをつくれる体質を作ろう!

大豆に含まれる大豆イソフラボンの一種「ダイゼイン」から、腸内細菌の働きによって作り出されるエクオールは、作れる人と作れない人がいる!?

実は体質によって作れる人は限られているのです。

更年期症状の緩和、美肌効果、生活習慣病の予防、乳がんリスクを下げる、骨粗しょう症の防止など、健康促進に大切なエクオールだけに、自分が作れない体だなんて思いたくない!

そこで!

日本人3人に一人と言われるエクオール生産菌をもっている人々の食習慣を真似ることで、エクオール生産菌を作るといったことが、一部の学者から推奨されています。

長期的に習慣として続けることで、効果が期待できるとのこと。

大豆製品は毎日食べる、炭水化物をしっかりと摂る、野菜の食物繊維を摂る、青魚のオメガスリーを摂る、緑茶を飲む…といった、昔ながらの日本の食生活が大切なんだそうです。

やろうと思えば、簡単に出来そうですね!特に私のような昭和世代なら(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です